期間工は不利?そんなことはありませんよ!

期間工のメリット・デメリット

期間工のデメリットとしては、「単純作業なのでスキルが身につかない」ということがあげられます。例えば、プログラマーとして2年間働いたらそれなりのスキルが身についている可能性が高いです。期間工として2年間働いても、特にこれといったスキルは身についておらず、転職をするときに苦労すると考える人がいます。しかし、どのような仕事でもがんばって働いていたらなにかしら得るものがあるはずです。大切なのは、期間工としてどのように働くかです。「ハードな仕事だけど健康管理に気を使っていたので2年間無遅刻・無欠勤だった」というのも立派なスキルではないでしょうか。一方で、期間工のメリットは未経験からでも高収入が得られることです。

お金があると転職でも有利になる

期間工で働いてたくさん貯金をしておけば、転職のときにも有利になる可能性が高いです。失業してもおよそ3カ月間は失業保険をもらえることがありますが、失業保険でもらえる金額は生活するのにギリギリと言われています。転職ではスーツ一式にかかるコストや、複数の企業を回るための交通費などたくさんのお金が必要になります。使えるお金が限られているために転職活動が思うようにできなかったらもったいないです。また、お金は心の余裕にもつながりますので、人が寄ってきて友達ができやすくなる傾向です。期間工は高収入ですので、契約期間満了まで働いたらそれなりにお金に余裕ができているはずです。こうして考えると、期間工でしっかりと働いていたら転職でも有利になる可能性が高いということがわかります。