期間工の待遇と契約期間について

期間工ってアルバイトなどとどう違う?

正社員やアルバイト、契約社員や派遣社員など働き方は様々です。よく期間工という言葉を聞きますが、どのような働き方をするのでしょうか。期間工は期間従業員とも呼ばれていて、主に大手自動車工場や電子部品製造工場などで勤務する労働者のことです。期間工は期間の定めのある労働者契約を結んでいます。契約期間はそれぞれですが主に求人先の企業が繁忙期であることが多く、例えば自動車工場や電子部品製造工場などでは決められた製造ラインで作業を行います。作業経験がなくても働きやすく、会社から直接雇用された人を期間工と呼びます。ちなみに同じ作業をしていても雇用先が派遣会社で、そこから派遣される人を派遣社員と呼ぶため期間工とは異なります。

期間工として働くと保険加入は?

期間工として働くとどのような待遇を受けることができるのでしょうか。一般的に勤務した日から6か月以上働くと有給休暇を取得することができます。期間工も同様にこのような有給を取得することが可能ですが、期間工が雇われる時期は会社の繁忙期であり人手不足の時期です。そのような時期に有給を取得することは難しい、と思う人もいます。しかし有給を消化しなかったからといって損をした、ということではなく会社によって異なりますがこの消化しきれなかった有給を買いとる、ということをしてくれる所もあるため、契約時には確認しておくことをおすすめします。また社会保険の加入が義務となっているので、健康保険に入ることができます。またこの健康保険と同時に厚生年金に加入することもあります。この点も契約時に確認が必要です。