期間工に不向きなのはこんな人

まずは期間工の仕事を知ろう

期間工は主に自動車や電子機器メーカーの工場で仕事をします。工場によって仕事内容は若干異なりますが、多くの場合、製造ラインに入って一部の工程の作業を担当することになるでしょう。どの工程に入るかによって作業内容も違ってきますが、部品を組み立てたり取り付けたりといった地道な作業がほとんどです。期間工は製造ラインに入り、前の工程の人からパーツを受け取って、自分の作業をこなして次の人に渡すといった業務を繰り返します。製造ラインには1日の目標製造台数などがあるので、作業はそれを達成するまで行われます。勤務形態は昼間のみの仕事もあれば、夜勤と日勤が交互に入れ替わる仕事もあります。仕事内容や勤務形態から見ても、期間工は向いている人・向いていない人に分かれるでしょう。

期間工に向いていないのはどんな人か

ほとんどの場合、同じ工程の作業を繰り返す期間工は、代わり映えしない仕事が嫌いといった人に向いていないでしょう。製造ラインにつくと1日7.5時間ほどは同じ仕事の繰り返しになる場合もあります。目標台数を達成しない場合には、残業が発生することもあるでしょう。同じ作業を繰り返すのが退屈・しんどいと感じる人に期間工は不向きかもしれません。電子機器メーカーなど工場によっては、手先の器用さを求められることもあります。手先が不器用で細かい作業が苦手な人にも、期間工は向いていない可能性が高いです。また、工場によっては日勤と夜勤があり、夜勤をしなければならない場合もあります。生活のリズムが乱れると体調を崩しやすいといった人も、期間工にはあまり向かないかもしれません。