期間工の仕事内容とは?

製造工場での仕事がメイン

期間工は製造工場で半年や一年など期間を決めて、その間だけ働く労働者のことをいいます。期間工の労働形態はさまざまで、工場を運営する企業と直接契約し契約社員として働く形もあれば、派遣社員として工場に派遣され働くといった形もあります。どの形で工場で働くことになっても、仕事の内容に大きな差が出ることはありません。期間工の仕事内容は、派遣もしくは契約した工場が何を製造しているかによって変わります。自動車メーカーの工場で働く場合、大きな部品を取り扱うことが多いため必然的に肉体労働も多くなります。電子機器などを作る工場で働く場合は、部品自体も小さいので肉体労働はあまり多くありませんが、目と手を使った細かな作業が増えるでしょう。

期間工の仕事内容の一例

自動車メーカーの工場では製造ラインと呼ばれるものがあり、1つの製品を作るために何人かの人員が配置され、手順に従って流れ作業を行っています。自動車メーカーの工場で働く際は、このラインのいずれかの工程に配置されるのが一般的です。ラインにはパーツに部品を取り付けたり、出来上がったパーツがちゃんと動くか検査したりする工程があります。またラインでの作業のほかに、ラインへ部品を供給する仕事が発生する場合もあります。電子機器などの小さな機械を製造する工場でも、製造ラインを設けていることが多いです。そちらも自動車メーカーの工場と同じように、部品を組み立てたり取り付けたりする工程・できた製品を検査する工程があります。